聖建築設計事務所

目標は建築家。夢は自分の設計した場所で娘の結婚式を挙げること。
金沢市を拠点に活動中
見学会終了

3日間の見学会が終了しました。

天気もよく、日影は少し肌寒かったですが、日なたはぽかぽかでした。

3日間、ほとんど切れ目無くお越し頂き、昼御飯を食べるひまもありませんでした。

住宅を検討中の方、中学の同級生、高専の同級生、僕が小さい頃お世話になった方々、ご近所のみなさん、設計士仲間のみなさんなど、ほんとうに多くのみなさんにお越しいただき、40年ぶりに旧友にも会えて、故郷で仕事ができてよかったです。

約100組、延べ200名近くの方に見て頂けました。

みなさんの反応もよく、今後の仕事の励みにもなりました。

ご近所のみなさんは、工事中からどんなのになるんだろ?と気になっていたので見に来たと言う方も多かったです。

また機会が有れば故郷での仕事ができたらいいなぁ

お越し頂いたみなさん、ありがとうございました。


| sei-archi | 八乙女山が朝日をかかげる家 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
見学会のお知らせ(追加)

先日お知らせした見学会の現況写真です。

外構と内装もあと少しで完成。

今週末にはきれいになりますので、11/2〜4に是非お越し下さい。

 

| sei-archi | お知らせ | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コーヒー

最近、コーヒーを飲むようになりました。

学生時代にコーヒーを飲んで気持ち悪くなったこともあり、社会人になってからも、打合せなどで出されて、試しに少しだけ飲んだりしましたが、なんか気持ち悪くなりそうで避けていました。

たぶん、カフェインが体に合わないんだろうと思っていましたが、先日、打合せで最近流行のカフェに行った時に「ノンカフェインコーヒー」があったので、これなら大丈夫と思って飲んでみたのですが、やはり、なんとなく気持ち悪くなったので、これはカフェインが体に合わないんではなく、ただ、好き嫌いの問題なんだと判明し、今後のこともあるので、少し飲んで慣れてみようと思い立ったわけです。

砂糖入りはなんか甘ったるくていやなので、あえてブラックを少しずつ飲んでみていたんですが、苦さがなかなか慣れなかったので、じゃ、砂糖はなしで、ミルクだけ入れたらどうだろと思って試してみたら、なかなか飲みやすく、毎日少しずつ飲んでいたら、なんか癖になったみたいで、おいしく感じるようになりました。

事務所では牛乳を温めてインスタントコーヒーを入れて飲んでいます。

外出しているときはコンビニで買うんですが、砂糖なしのカフェオレはなかなかないんですよね。

唯一あるのがtullysの無糖カフェラテってやつで、これを探して買っています。

| sei-archi | 個人的なこと | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
見学会のお知らせ

故郷で工事を進めておりました住宅が完成し、施主さんの御厚意により見学会を開催します。

 

日時:11/2(土)〜11/4(月・祝) 9:00〜17:00

場所:富山県南砺市井波4006(ナビでは南砺市藤橋4007の隣です)

 

当日は現地にいる予定ですが、来られる日時を連絡いただけるとありがたいです。

ishi@sei-archi.com

090-8704-1246

 

「八乙女山が朝日をかかげる家」

井波小学校校歌の冒頭に書かれた歌詞にも表された、この地域を象徴する八乙女山が背後にそびえる敷地に建つ家である。

全ての部屋から八乙女山の頂を眺めることができるように背面に大きな窓を取った部屋が、それぞれの用途により高さを設定し、高さに変化をもたせて並んでいる。

来客用のパブリックスペース、普段の生活の中間領域、寝室などのプライベートスペースを明確に区分しており、生活するうえで、心理的安心感がある家である。

| sei-archi | お知らせ | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
中庭でつながる家

長年連れ添った夫婦の距離感を大事にした家である。

子供たちは独立し、それぞれが家庭を持っており、子育てが終わり、夫婦でゆでったり過ごす時間が増えたが、長年一緒にいるとお互い干渉をせず、自分の時間を大事にすることも多い。

かつての家ではご主人は応接間、奥さんはダイニングが居場所になっており、寝室も別々で、お互い離れており、気配すら感じることもなく、家にいるのか、いないのかもわからないこともあった。

 

今回の計画では生活スタイルは変えず、かつてと同様、それぞれが過ごす部屋、寝室は別々としたが、部屋と部屋の間に中庭を配置し、家のどこにいてもお互いの存在を認識できる。

音は抜けないように各部屋は仕切られてはいるが、視線は抜けるように4カ所ある中庭に面する部分は全面サッシとしており、各部屋のつながりを妨げず、自然の光を取り入れ、外観上は窓はないが、すべての部屋が明るい空間となっている。

| sei-archi | works | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
石川建築賞

2年前に完成した「中庭でつながる家供廚石川建築賞を受賞しました。

関係者のみなさん、ありがとうございました。

| sei-archi | works | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
故郷での仕事

独立して23年。

独立以来、念願の生まれ故郷での仕事。

ようやく地鎮祭にたどり着きました。

しかも、実家からわずか200mほどのところ。

井波町のどこからもよく見える八乙女山の麓です。

「八乙女山が朝日をかかげる家」

それぞれの部屋の高さを変え、変化のある空間で、どの部屋からも八乙女山を眺めることが出来る家です。

| sei-archi | 八乙女山が朝日をかかげる家 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
法律以上を求めてもいいの?
またまた、役所の対応についてです^_^;

6階建てのホテルを計画中、消防に協議に行ったところ、連結送水管は必須だと言われました。
消防法では7階建以上が必須で、6階は任意です。
ところが、金沢市に建っている建物は全て6階以上は設置してもらっている。
設置しないなんて絶対許さない、だそうです。
そんなのあり?

今回は施主がもめるのも嫌なので設置しますと言ってくれましたが、法律にも条例にも、ホームページにも書いてないことを強要するって、、、

消防庁に直訴してやろーっと
| sei-archi | 設計中 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
役所との協議
市街化調整区域での建築許可について、役所での協議の話です。

公図とか登記簿など、必要書類を持参して、建築許可が出る可能性があるか、ないかの事前協議に行きました。
状況を説明後、返答は、ある条件を満たさないので無理ですねぇ。
即答(>_<)
ここで引き下がって過去に痛い目にあってるので、その条件に対して、いろいろ考え方を示したところ、それならいいかも、、、だそうです。
なぜ、最初に聞いた時に、こういう方法があると言わないのでしょう?
あっさり引き下がったらダメなんですね。

過去にも、敷地を分筆するのが絶対条件だと言われ、施主に伝えたところ、納得いかないといって、施主が市役所に電話したら、あっさりと覆し、分筆しなくてもいいと言いました。
僕の信用ガタ落ちです(>_<)

あぶねー
今回は戦ってよかったぁ
| sei-archi | 設計中 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
彫刻の街、井波
新幹線の座席前のポケットに置いてある月替わりのフリーペーパー



いつもは読まないんだけど、僕の生まれ故郷の特集なので、珍しく手にとって読んでみた ^_^


彫刻の紹介は僕の同級生の子のお兄さんが登場しており、写真にはお父さんも写っています。



地元にいた時に一番の仲良しだった悪友の蕎麦屋も紹介されてました。
なんか、懐かしく、うれしかった ^_^

中学の頃、毎週末は彼の家(1階がお店、2階が彼の部屋)に行き、御飯時にうどんをご馳走になったものです。
すっごくおいしくて、いまだにうどん、蕎麦が好きなのはその時の味が忘れられないからなんだと思う。
今度、実家に行った時に久しぶりに食べに行こう^_^

その、蕎麦屋の彼の弟くんがサッシメーカーに勤めており、たまたま金沢支店に在籍していて、昨年、35年ぶりくらいに再会して、最近は仕事の相談でいろいろお世話になってます。

ちなみに、以前にブログに書いた、矢沢永吉好きになったきっかけは蕎麦屋の彼です^_^
| sei-archi | 個人的なこと | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ