聖建築設計事務所

目標は建築家。夢は自分の設計した場所で娘の結婚式を挙げること。
金沢市を拠点に活動中
災害

先月、金沢で起こった水害。
今朝の朝刊によると200年に一度の規模の降雨量だったとか。



建物の設計をするときに想定する条件にも似たような話がある。



例えば、積雪量。
建築基準法で規定されている数値は「50年に一度あるような大雪」を想定している。
金沢市内では1.5m。
この数値を想定し構造計算を行い建物の安全性を確かめる。
これを4割増しして2.1mとすると500年に一度の大雪にも耐えることができる。



どの程度の安全性を持たせて設計するのかはその都度検討して決定する必要があります。



風圧に対して、地震力に対しても同じようなことが言えます。



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
日照のコントロール

太陽の光を室内に入れる時期と入れない時期を考えていて気がついた。

最高気温が30度を超えるのは7/20〜9/30頃。
春分は3/20、秋分は9/20、夏至は6/20。



必ずしも太陽高度と気温は一致しないんですね。
太陽高度からすると夏至の6/20が一番暑いはずですが、ピークは8月。
つまり2ヶ月のタイムラグがあるんです。
一日を考えても最高気温は2時頃で、太陽がもっとも高い12時じゃないんですよね。

これは地熱とか、空気の暖まり方の関係なんでしょうか?
どなたかご存じの方、コメントお願いします ^_^;



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
太陽の動き

今日は春分の日。
昼と夜の長さが同じ。
朝は真東から日が昇り、夕方は真西に日が沈む。



僕は設計時に太陽の動きも考える。
住宅には太陽の光を取り入れて気持ちよく生活して欲しいから。
でも、冬場は気持ちいいんだけど、真夏は直射日光は避けたいんですよね。
冬場はなるべく日当たりに、夏場はなるべく影に・・・
相反する条件・・・



でも、これは可能なんです。
冬場は太陽高度が低く、夏場は高い。
正午の太陽高度は冬至が30度、夏至では77度。
庇の長さを太陽高度から計算し、日照のコントロールが可能です。
日本古来の幅の広い縁側は実に理にかなっています。



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
プラン案

設計の一番大事な部分は基本設計だと思います。
設計から完成までの間で一番時間をかけて考えるのが基本設計です。
基本的なプランや全体の形や空間を考える作業です。
早くて半年、長いときは3年かかることもあります。
Plan_6  この住宅の場合は基本設計がまとまるのに2年半かかりました。
その間に提案した主なプランです。
A案から始まり、B案、C案・・・決定したのはV案。22案作りました。
これは、1軒の家の案です。
その間に外観の検討もしており、模型やCGグラフィックも作っています。
これだけ検討すれば、世間で「一生に3度建てなければ満足できない」って言われることもありますが、かなり完成度は高い案になりますよね。



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 23:15 | comments(1) | trackbacks(0) | -
眺めのいい家

最近、「眺めのいい家」に恵まれている



以前に設計した
http://sei-archi.com/works/2005/01_01.html
のお陰だろうか ^_^
現在、4軒 ^_^



実施設計中の八尾の家は眼下に川の流れと小高い丘を見渡せる田園地帯に建つ。
基本設計中の大崎の家は大崎砂丘の斜面に建ち、河北潟を見下ろし、その向こうに市街地、さらに遠くには医王山から白山が見渡せる。
もう1軒、基本設計中の田上の家は杜の里を眼下に見下ろし、対面の丘にはhttp://sei-archi.com/works/2005/01_01.htmlがある。
さらに、今から基本設計スタートする片山津の家は柴山潟に映る白山御前峰が見える場所。



いずれの家もクライアントは「眺めのいい敷地」を求めて見つけた場所。僕はその要望を出来る限り生かした設計をする。しかし、それは当たり前のことで、さらに、それにひとひねりを加えた家にしたいと考えています ^_^;



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 09:06 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ハッピーな打合せ ^_^

今日は午後に2件、設計中の住宅についてクライアントと打合せだった。



1件目は実施設計が終わり、工事費の最終調整の打合せ。そこで、クライアントからうれしい提案があった^_^
その住宅は、天井にガラスが入った吹抜けの玄関ホールに降り注ぐ太陽の光を1階のLDK、2階のフリースペース、寝室に取り入れ、都会の密集地でも気持ちよく生活できる空間を提案している。しかし、LDKと玄関ホールの境には冬場の寒さを考慮しガラスの引戸を入れていた。春から夏、秋はその引戸を全て解放し、冬場だけ戸を閉める工夫をしているのだが、設計上の意図を最大限生かすには本当は引戸はつけたくはない。しかし、冬の寒さが心配なので、迷いながら引戸をつけていた。
今日の打合せで減額候補を探していて、クライアントからの一言
「設計のイメージからすると、このドアはない方がいいですよね?」
その通りです ^_^
ドアをなくする代わりにすこし予算がかかるが、玄関ホールにも床暖房を入れることにした。
クライアントに僕のイメージが伝わり、それを理解して受け入れていただけたことがすっごくうれしかった ^_^\



2件目は基本設計初期のプランの打合せ。
ほぼ基本方針が決まり、今から具体的に基本設計に進むことになった。
打合せが終わって、しばらく雑談をしていて、どういう経緯で僕のところに行き着いたのかという話になった。
ホームページを見て電話を頂いたことはわかっていたが、もう少し詳しく聞いてみた。
いろいろな設計士のホームページを見たそうだ。富山、石川をメインに、遠くは広島にもよさそうな人がいたとか。その中で最終的に僕と、もう一人金沢の人の2人に絞られて、最終的に僕を選んで頂いたと ^_^
で、そのもう一人の金沢の人って?
その人は僕も尊敬する金沢では有名な設計士だった(大御所?^_^)
って話を聞いて、ハッピーでした ^_^\



普段はブログでこういうことは書かないようにしているのだが(クライアントとの打合せ内容はプライバシーにかかわるので)今回は素直にハッピーな気持ちになったのであえて書きました。



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 21:34 | comments(1) | trackbacks(0) | -
デザインと機能

今日、知り合いの人にこんなことを言われた
「設計士の設計する家ってデザインばっかりで、機能的なことは考えないんでしょ?」
って *_*



とんでもない。機能も考えつつデザインも平行して考えてますよ。
でも、確かに機能が最重要ではないですね。
機能がよくてもデザインが悪いアイデアは採用しません。
デザインはよくて、機能もそんなに悪くはないものは良しとします。



機能的に研ぎ澄ましていくと、自然とデザインもよくなる場合も多いですねぇ



ジェット戦闘機とかF1マシンなんかも、かっこいいですよね。
空気抵抗とか、早く飛んだり走ったりする形態を考え抜くと、デザインもよくなるんだと思います。



最近はこういう考えを理解して頂けるクライアントに恵まれてます ^_^;



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
?LDK

住宅メーカーのチラシとかでよく見かける書き方。3LDKとか4LDKとか。
3LDKとは個室3室とリビング、ダイニング、キッチンって意味らしい。
トイレ、風呂、洗面、階段・・・はあるのが当たり前だから、表示しないんでしょうね。



僕はクライアントに要望を聞くときに、何LDK必要ですか?とは聞かない。なぜなら、部屋数によって家は設計できないから。家の使い方、部屋の使い方、家族の生活スタイルによっていろいろ考えることが必要だから。



例えば、必ずしも子供部屋は必要でない場合があるし、子供の成長に合わせてフレキシブルに対応する必要もあるかもしれない。それは、それぞれの家族の考え方で決まってくるものだ。一概に何LDKとは言い切れない。



固定観念にとらわれず、本当に必要なのか?、どういう生活をしたいのか?を考えてもらえると設計がうまくいきますねぇ



北陸地区ブログランキング


| | プランニング | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
面談

今日、午前、午後と立て続けに新規のクライアントと面談だった



午前は僕のホームページを見てメールを下さったKさん。石川県内の設計事務所をいろいろ探し、ホームページもいろいろ見て、僕を選んで下さったそうだ。とてもうれしい。今日は初対面だったのでお互い緊張気味で、設計についてや一般的なお話をさせていただいた。一度検討してまたご連絡をいただく予定



午後は以前に一度お会いしたクライアント、Tさん。候補の敷地がみつかったのでちょっと見て欲しいとのことで、現地で落ち合い、近隣や敷地の概要を確認。角地とその横の2つの物件があり、どちらがいいかとの相談。僕なりの意見を申し上げる。その後、時間があるとのことだったので、事務所に移動し御要望のヒアリングを2時間ほどさせていただいた。若いご夫婦だが、しっかりと考えを持っておられ、お互いの家事分担もあるようで、ヒアリングの話が盛り上がった ^_^ かなり横道にもそれましたが、有意義なヒアリングだった。3週間後のプラン提示をお約束



ここを押していただくと、北陸地域のブログランキングに飛びます。ついでに、僕のブログにもポイントがつきます ^_^;


| | プランニング | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新プロジェクト T邸

これまでも何回か「新プロジェクト」として書いてきた「T邸」。いい感じだ ^_^



前回の打合せで3案のプランを提示し、しばらく検討してもらっていた。その時の打合せの席では3案の説明をした結果、「中庭案」がいいかなぁ〜ってことだったので、今日はその案を修正した平面図2案と簡単な外観模型を持参した。で、説明をしていたら、奥様が前回の案を「これもいいんですよね〜」って、中庭案と違う「ワンルーム案」を出して話が始まった ^_^



なぜ ^_^ かと言うと、その案は僕の一押し案だったから ^_^



詳しくは書けませんが、今までにない「新しい空間の創造」ができそう ^_^



ご家族のみなさんの仲の良さも手伝って、いい方向に向かいそうである



参考に見せてもらった建築雑誌の中のお気に入りの写真も僕の感性と共通するものが多く、相性もばっちしなようだし ^_^



ここを押していただくと、北陸地域のブログランキングに飛びます。ついでに、僕のブログにもポイントがつきます ^_^;


| | プランニング | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ