聖建築設計事務所

目標は建築家。夢は自分の設計した場所で娘の結婚式を挙げること。
金沢市を拠点に活動中
<< 地震被災建築物 | main | 変人? >>
被災建物住宅相談

Dscf2129



設計事務所協会を通じて県からの依頼で輪島市(旧門前町)に行ってきた。
役場の会議室で相談を受けたのだが、ほとんどの住宅は現場を確認しないと判断が出来ないので、20分ぐらい聞き取り調査をし、その後、現場に行き状況を確認し、アドバイスをしてあげた。
今日は15人くらいの相談員が、事務所協会、建築家協会、大工組合などから派遣されており、それぞれ2、3人が組になり、相談を受けた。僕のグループは10時から16時に5軒の住宅の相談を受けた。
やはり、今回の地震での一番の被災地で、通り沿いには悲惨な状況の住宅もあったが、僕たちが相談を受けた住宅は多少の修繕、補強を施せば住み続けることが出来そうだった。
家の人たちは、すごく不安を感じており、僕たち設計士が見にくることはすごく有意義だったようだ。補修方法をアドバイスし、「今の状況でも余震がきてもそう心配はいりませんよ」って伝えた時には安堵の笑顔があり、お別れをする時には深々とお礼していただき、僕たちもお手伝いができたことに感謝した。



来週の日曜も輪島に行く予定です



北陸地区ブログランキング


| | 個人的なこと | 21:03 | comments(0) | trackbacks(1) | -









http://blog.sei-archi.com/trackback/1176846
できること
能登半島地震発生から2週間 機会に恵まれて能登半島地震災害の住宅相談会に参加してきました 私が配置されたのは一番被害の大きい「輪島市門前町」 その地区の方々の住宅相談&現地調査が主な内容です 朝、現地に到着し現状を目の当りにして言葉を失いました 「写真や映.
| まっくのぶろぐ | 2007/04/11 11:44 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ