聖建築設計事務所

目標は建築家。夢は自分の設計した場所で娘の結婚式を挙げること。
金沢市を拠点に活動中
<< 18周年 | main | 20年ぶりの腕時計 >>
監理も重要
最初に言いますが、今回の内容はごく一部の「設計事務所の仕事はしたくない」という施工会社の話なので、僕がいつもお願いしている施工会社ではこんなことはあり得ません。

設計事務所の仕事は設計するだけではありません。
工事が始まれば当然、図面通りに施工が行われているか?、性能がちゃんと確保されているか?・・・・
など、施工の状況を確認したり、施工者と打合せをすることもを監理と呼び、通常は設計・監理とセットになっています。
監理をしないと、イメージした建物にならないばかりでなく、施工者の勝手な判断で改悪になる場合がたびたびあります。
意図的な手抜きと言う場合はほとんどありませんが、ほんの些細な違いが最終的には大差になることが多いです。
図面には施工者が通常手慣れている手法を超えた提案も多くあり、図面通りの施工をしたくない業者もまれに存在します。
しかし、そこで変更されて施工者がいつもやってるやり方をされちゃうと、全然違うものになってしまうんですよね。

実は、今、友人から自宅の設計の話があり、設計をすることになりかけたんですが、友人は建築関係の仕事をしており、仕事上の関係で施工はとある建設会社にお願いすることになるそうなんですが、その建設会社の社長から「監理は設計事務所をはずして」と言われたそうです。
その理由は・・・だいたい想像がつきます。
でも、違うかもしれないので、直接電話して聞いてみました。
なぜ、監理をはずしたいのか?
想像通りでした。
詳しくは書きませんが、そんなことを言う施工会社はどうなんでしょうねぇ〜

以前にサラリーマンの時にもこんなことがありました。
鉄骨の検査に工場に行ったら、そこの社長(顔見知り)が「あれ、今日はどうしたの?なんか用?」って・・・
この物件の設計・監理してるから、検査に来たんですよ、と伝えると、「そんなん聞いてない。設計事務所の監理はないって聞いてる。監理あるんならそれなりのやり方するけど、そんなのしてないよ」・・・
つまり、監理があるのとないのでは作り方が変わるんですよ。
当然、不合格でやり直しでした。

監理は重要ですよ〜
| sei-archi | 住宅はどこに頼む? | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.sei-archi.com/trackback/1423753
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ