聖建築設計事務所

目標は建築家。夢は自分の設計した場所で娘の結婚式を挙げること。
金沢市を拠点に活動中
金沢市の確認申請は大変

現在設計中の金沢市内の住宅の確認申請をそろそろ出す予定です



建築基準法だけを見ていれば「建築確認申請」をすればいいのだが、金沢市はいろいろと条例を次から次へと作るので、書類を作るのもけっこー大変です *_*



しかも、確認申請を受付する前にいろいろと許可を取る必要があり、手続きの時間も掛かるので注意が必要です



この住宅で必要な手続きは



1.「金沢市における市民参画によるまちづくりの推進に関する条例」による許可



2.「金沢市における伝統環境の保存及び美しい景観の形成に関する条例」による許可



さらに、今年度から新しく作られた



3.「金沢市における夜間景観の形成に関する条例」



と、少なくとも3つの条例が掛かってくる



1.はいわゆる「お知らせ看板」です。どのような建物を建てるのかを記入した看板を建設地に掲げ、近隣の人から問い合わせを受け付けると言うものです。建築主、設計者、工事業者の住所、氏名、電話番号、建設建物の面積、高さ、敷地に対する配置などを記入した看板を現地に設置して1ヶ月間に問題がなければ許可となります。つまり、確認申請の1ヶ月前に看板を設置しましたという申請を行い、1ヶ月後に問い合わせはありませんでした、とか、問いあわせがあり、説明をしましたと状況報告書を提出するものです(ラブホテルや日照の問題を回避するのが目的でしょうが、住宅でも高さ10mを超えると必要なのです*_*)



2.は金沢市独特の古い町並みを継承しようと言うものです(それ以外の地域もありますが)。外観についてや、建物の高さや屋根の形や外部の色について規制があります。これは1週間ほどで許可になりますが、やはり、確認申請受付前に許可が必要です



1.と2.はほぼ同じ図面を提出しますが、担当課が違うので、別々の手続きとなります。いづれも市役所の3階にあり、すぐ近くなのですが・・・縦割り行政ですね ^_^;



3.はつい最近新設された条例です。外部の夜間照明について、落ち着いたものにしようとするものです。先日、2.を提出しに行った時に初めて知らされ、現在、書類の作成中です。3月に事前相談に行った時にはなにも言ってなかったんですがねぇ *_*



現在の金沢市長はこういう条例を作るのが好きなようですね。景観を作るにはこんな法律で規制はできないとは思うのですが・・・



県庁の周辺にもいろいろ規制があり制約を受けますが、秩序のある街並みとは僕は感じませんが・・・



ランキングのヒット数って1回=10ポイントなんですね ^_^; 


| | 住まい・インテリア | 15:32 | comments(3) | trackbacks(0) | -
建築家とは?

設計をしている人の呼び方もいろいろある



建築家、設計士、建築士・・・渡辺篤は「設計家」とか言ってますね ^_^;



法律的に存在するのは「建築士」ですね。僕は1級建築士です。これは、試験を受けて合格し、免許証を持っているので、名刺にも堂々と「1級建築士」って書いても問題はありませんよね。



僕のプロフィールに「夢は建築家」って書いています。



「建築家」と「建築士」は違うって思っています。



建築士は法令の資格で、基礎知識があり、法令を準拠した設計をできる人。デザイン的なことは含まれません。



建築家とは、芸術家の範囲に入るんだと認識しています。だから、自分で「建築家です」なんて言えませんよね。世間の人に「建築家」と認識されて始めて「建築家」になれるんだと思います。僕はそこを目指しています。安藤忠雄、丹下健三、黒川紀章・・・



なかなか説明は難しいですが、例えば、絵を描く人はみんな「画家」ではないですよね。芸術家として世間が認めた人だけが「画家」なんだと思います



どうなんでしょう。みなさんの意見をお願いします ^_^;



北陸地域ブログランキングにエントリーしています 


| | 住まい・インテリア | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アイランドキッチン

アイランドキッチン。言葉の通り、島のように配置する流し台のこと。似たようなスタイルに「対面キッチン」ってのもある。違いは、よくわからないが、僕の認識は、アイランドは奥行きの大きい(1mくらい)キッチンで、カウンターとしても使え、そこで食事もできるもの。対面は、普通のキッチンを置いて、その前にダイニングテーブルを置き、そこで食事するもの。



最近のクライアントは95%がどちらかのスタイルを要望する。なぜなら、壁に向かって洗い物をしたり、料理をするのは寂しいから ^_^;



で、どこのメーカーもそういうキッチンを出している。でも、注意が必要。特にアイランドキッチンとする場合は。それは、まな板の収納がどーなってるか?ショールームに飾ってあるキッチンは実用の状況を再現してあるわけではなく、メーカーの都合のいいように、余計な物は置いてありません。普通はまな板って濡れてたらカビが生えるので、出しっぱなしですよね。流し台の上にステンレスのラックに挟んで。それってかっこ悪いですよね。せっかくおしゃれなキッチンでも、まな板で台無しです。ショールームのおねーちゃんに聞いてみて下さい。「あ、はい・・・。そうですね」ってバツが悪そうに答えるはずです。トーヨーキッチン以外は。トーヨーキッチンはシンクの中が立体的になっていて、そこの中に仕込まれてるんです。だから、表面上は見えない。でも、普通に使える。簡単なことなんですが、他のメーカーにはないと思います。検討中の人、ちょっと気にしてショールーム廻りをしてみて下さい ^_^Photo











ブログランキング。25位以内はやはり厳しいですね *_*


| | 住まい・インテリア | 18:10 | comments(1) | trackbacks(0) | -
適正な建築工事費

家を建てる場合、どうしてもついてくる問題は「予算」である。もちろん、ありあまる予算があるなんてことはめったになく、なんとか少しでも安く納めたいのが普通である。しかし、安ければいいものではない。



車や家電製品のようにどこで買っても、どんな値段で買っても新品は同じ物なのとは違い、「建築」は現場でひとつひとつ作って行くものだから、注意が必要だ。同じ間取りであって、見た目にもさほど代わり映えがしなくても、値段の差が品質に反映されるのは容易に想像がつきますよね。安ければ安いなりの理由はあるんです。しかし、えてして、値段で選ぶ人はけっこーいますね。



建築は安すぎても、高すぎてもいけません。適正価格で、クライアントの望むものを、適正な品質で提供することが正解です。そういうことを冷静に判断するのが設計事務所の仕事です。



くれぐれも、安かろう、悪かろうに引っかからないように ^_^; 姉歯物件のように ^_^;



ブログランキング。もうちょっとで25位以内にランクイン ^_^


| | 住まい・インテリア | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
設計士と美容師の共通点

今日、美容院でカットしてもらった



僕の髪の毛は濃くて、太くて、固くて、短くすると立ってしまい、なかなか手に負えない髪質のようだ。今まで、いろんな理髪店、美容院に行ってみたが、満足したためしがない。でも、今日はなかなかいい感じになった ^_^



いつも、雑誌の髪型を見せてこんな感じって言っていたのだが、仕上がりはいつも、モンチッチかマッシュルームになってしまう *_*



今日の美容院はインターネットで探して、いい言葉があったので訪れてみたのだ



http://www.ones-hair.com/concept.html



このページに書いてあるように、一人ひとりの個性にあわせてくれるのかなって期待があった。行ってみて、そんな感じだったのでとても満足 ^_^



切りながら話していたら、設計士と美容師って似たところがあるなって気がついた。お客さんの要望を聞き、プロとしての提案をし、いかに満足してもらう結果を残せるのか。設計事務所も美容院も星の数ほどあるけれど、その中でこだわりを持ってプロとしての意識を持って仕事をしている人はどれだけいるのだろうか?今までの理髪店、美容院は建築で言うと当たり障りのないハウスメーカだった。今日の美容院は僕と似たような想いを持っているような気がした。



オンリーワンのナンバーワン





ブログランキング。なかなか上がりませんねぇ *_*;


| | 住まい・インテリア | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
調理器はガスorIH?

最近のクライアントの約95%はIHクッキングヒーターを希望する。



最大の理由は、掃除が楽。それと、安全だということ。その他、IHの長所は、夏場の熱気が少ない、レンジフードがあまり汚れない、ランニングコストが安い・・・など。逆に短所は、基本的に使用できる鍋が限定される(磁石がくっつくもの、底が平坦なもの)、コンロから鍋が一瞬でも離れると一時的に切れてしまう、かん高いイヤな音がする・・・など。



どちらを選択するのかは、それぞれの調理スタイルによるので、その辺の長短を説明し選択してもらっている。で、約95%はIHを選択しますね。



今日、打合せしていたお客さんは、御主人も料理をされ、中華鍋を振って炒飯を作ったりするのでIHでは不都合と言うことだった。でも、やはり普段はIHが便利だし・・・で、悩んだ結果は・・・IH2口、ガス1口の3口コンロ。機械も少し割り高だしガスボンベも設置しないといけないが、あえて、IH、ガス複合のコンロになった。ちょっと贅沢かもしれませんが、後悔したくないしね〜ってことでした ^_^;



ところが、以前はそういう商品もあったのだが、今はもうないようですね *_*



ブログランキング、今日は何位になるってるかな? ^_^


| | 住まい・インテリア | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
オール電化

P1200507最近完成した住宅を訪問してきた。この住宅は今はやりの「オール電化」である。キッチンのIHコンロ、電気温水器、夜間電力蓄熱式暖房器の3点セット。電気温水器、蓄熱式暖房器は安い夜間電力で蓄熱してその余熱を利用する



蓄熱暖房機は朝起きた時に暖かくていい。しかし、今日のように冷え込んだ日はそれだけでは少し暖かさが足りない。電力会社のCMでは蓄熱暖房機だけで充分なような印象を与えているが、ちょっと違いますね。緩やかな、ほんわかした暖かさにはなるのだが、補助的にエアコンかストーブが必要だ。



オール電化の場合、電気機器の使い方に工夫がいる。今日のような寒い日には夜間にエアコンをつけて部屋を暖め、昼間もゆるくつけて24時間暖房にするとかが節約になる場合がある。あと、洗濯機、炊飯なども夜間電力で稼働すると節約できるが、なかなか難しいですよね ^_^;



ランキングは現在80位くらい


| | 住まい・インテリア | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
建築設計のブログ始めます

住宅の設計や、今話題の構造計算などの話題を書いて行きたいと思っています



なかなか書く時間がないのが不安ですが ^_^;


| | 住まい・インテリア | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ